ピアノ横浜
ピアノ横浜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

ピアノ 防音工事

1.防音工事の必要性
生活騒音が社会問題化しはじめたのは、1974年神奈川県平塚市でピアノ殺人事件(鉄筋コンクリート造の県営住宅で、ピアノの音がうるさいと腹を立てた階下の住人が母子3人を殺害)が発生してからです。

「防音工事」と聞くと、とても「費用がかかる」「部屋の広さが必要」と思われる方が多いかと思います。ですが「ピアノ」を弾く事での「近隣トラブル」などが耐えない事も事実です。

たんに「防音工事」と言ってもご自宅で手軽に出来る防音装置の取り付けから工事が必要な防音工事まで、最近ではたくさん「防音」についての対処策の枠が広くなってきました。

既にピアノを置き毎日弾かれているご家庭でも、実は今まで数年なんのトラブルもなく近隣からの苦情がない場合でも年月が経ってから苦情が来て、仕方なく防音工事をされるご家庭も多いとの事です。

また「電子ピアノ」だから大丈夫!と思って弾いていた場合でも、音はならないものの鍵盤を弾く音(振動)によって苦情が出る事もあるようです。

ピアノはレッスンを受けている時には毎日弾くものですし、周りの目を気にせず気持ち良くピアノを弾くために、多少金銭的な負担はありますが、防音対策としての器具等も販売していますので「防音」についてもう一度比較・検討されてみてはいかがてしょうか?

ピアノから発生した音(空気振動)は、部屋の中で壁や床・天井・窓ガラスなどで跳ね返ると同時に、これ等を伝わって部屋の外へ漏れて行きます。
防音対策では、「どの程度の音漏れを防ぐか」と言う事をまず考えなければなりません。

そこで安価でピアノの「外部へ漏れる音を小さくする」手段として考えられるのが防音装置、しっかり音をシャットダウンする手段として考えられるのが「防音工事」というものです。

下記では実際に「音」についての詳細・防音装置・防音工事の詳細を紹介・説明していきます。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2006/10/26 14:47】 | 未分類

ピアノの環境

2.ピアノの環境作り
ピアノ概要 天然樹木の材料が主体な為、生き物と同じで湿度・温度の影響を微妙に受ける楽器。室内環境によりタッチ(打弦感触)、音色・響きに変化が起きやすく、ピアノ本体や音にとって優しい室内作りが必要です。
室内環境 温度16℃~20℃・湿度50~60%程度
温度の変化の少ない環境が適しています

設置場所 直射日光や冷暖房が直接あたらない場所へ設置。
壁・窓・サッシから離して設置出来ると理想的です。

また調理場・浴室・洗面所からの湿度・温度の影響を受けない所に設置してください。

部屋の形状 音質を考えるのであれば正方形の部屋よりも「長方形」の部屋に設置する事をお勧めします。

部屋の中に段差や家具等を置くなど、部屋に変化をつけるとそれだけで音響特性がが変化します。
【2006/10/26 14:41】 | ピアノの環境

ブログ内検索

RSSフィード

最近の記事

プロフィール

kpoig13

Author:kpoig13
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。