FC2ブログ
ピアノ横浜
ピアノ横浜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

ピアノの環境

2.ピアノの環境作り
ピアノ概要 天然樹木の材料が主体な為、生き物と同じで湿度・温度の影響を微妙に受ける楽器。室内環境によりタッチ(打弦感触)、音色・響きに変化が起きやすく、ピアノ本体や音にとって優しい室内作りが必要です。
室内環境 温度16℃~20℃・湿度50~60%程度
温度の変化の少ない環境が適しています

設置場所 直射日光や冷暖房が直接あたらない場所へ設置。
壁・窓・サッシから離して設置出来ると理想的です。

また調理場・浴室・洗面所からの湿度・温度の影響を受けない所に設置してください。

部屋の形状 音質を考えるのであれば正方形の部屋よりも「長方形」の部屋に設置する事をお勧めします。

部屋の中に段差や家具等を置くなど、部屋に変化をつけるとそれだけで音響特性がが変化します。
スポンサーサイト
【2006/10/26 14:41】 | ピアノの環境

ブログ内検索

RSSフィード

最近の記事

プロフィール

kpoig13

Author:kpoig13
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。